痛みが苦手な人は脱毛クリームがおススメ

MENU

痛みが苦手な人は脱毛クリームがおススメ

ねこち 39歳 神奈川県 主婦

 

痛いのは嫌だけど、キレイにムダ毛を処理したいです。だけど脱毛専門店に通うのは難しいという場合には、脱毛クリームを使って処理します。脱毛クリームを使う時のメリットは、痛みを感じないままムダ毛を処理することができることです。

 

使い方も脱毛したい箇所にクリームを付けて、ムダ毛や毛穴に浸透するまで暫くの間だけ放っておきます。その後は、シャワーで洗い流せばムダ毛がキレイになくなります。

 

最近は敏感肌対応の脱毛クリームも販売していますし、ドラッグストアーでも購入することができますので、気軽に扱うこともメリットの1つです。

 

ただ、脱毛する箇所の範囲が広いと塗るまでに時間が掛かります。塗る範囲も広いと浸透するまでの時間も掛かってしまうことから、待っている間はどのように時間を潰さないとならないです。

 

メーカーの中には入浴中でも使うことができますが、ひざ下位ならば短パン姿でも脱毛ができます。私の場合はひざ下の脱毛する時には、クリームを塗ったあとで本や雑誌を読みながら時間を潰しています。

 

クリームが他の部分に付かなければよいので、慣れてくれば脱毛しながら他の事をすることができますので、効率の良い時間を使うこともできます。自分で塗らなくてはならないので、しっかりクリームが付いているのかチェックしないと、ムダ毛が残ってしまいます。

 

ムダ毛が残ってしまいますと、肌の調子を整うまでの時間があることから、別の方法で処理しないとならないです。そして肌が敏感になっていますので、処理した後は化粧水や乳液を使って保湿しないと炎症を起こします。

 

メーカーによってはクリームの臭いがキツイと感じることもありますので、苦手な人は避けてしまう脱毛方法でもあります。しかし腕や脚といった目立った部分のみ処理すれば良い人にとっては、クリーム1本で処理することができますので、金銭的には安く済ますことができます。

 

人によって合う合わないがありますが、痛みが苦手な人は個人的に脱毛クリームを勧めたいです。

関連ページ

噂のエステ店で初めての脱毛を経験してやらかしてしまったこと
私は普段、人前に出る仕事をしている為結構見栄えを重視します。その上、近々海外にてコンテストを受けることになり、脇毛とひじの毛を何とかしなければと思い、脱毛エステに行ってみようと決意しました。
これまでの脱毛からたどりついたのは
私は中学生の頃から、自分の体毛には悩んできて、結構様々な処理をしてきたと思います。初めの頃はお風呂で石鹸の泡をつけてカミソリで剃るのが主流でした。
アラサーで濃くなったヒゲの脱毛体験記
20代中盤までは気にならなかったものの、27歳くらいから、ヒゲが濃くなりはじめ、毎朝髭剃りをしても、夕方には口の周りが青くなってしまい、SNSに写真をアップしても、「なんかヒゲ濃いなー」と気になるようになったり、仲の良い女の子の友達にも「ヒゲが濃いよね」「夕方に老けて見える」と指摘されることも多くなりました。
技術が良くても接客面で残念でした
脱毛サロンの体験談だけでなく、サロンに通う前の脱毛の方法や失敗談などを集めました!
顔の脱毛でメイクが再び楽しくなりました
30代中頃だったと思います。なんだかだんだん顔の産毛が濃くなってきたような気がしました。そしていつの頃からか、鼻の下やあごに太くて濃いい産毛がはえるようになりました。ほとんど男性のひげくらいの太さで、それが数本、抜いても抜いても生えてきました。
抜けば抜くほど生えてくる?濃くなるあごひげ!
若かりし10代の頃、なけなしのお小遣いをはたいて当時コンプレックスだった剛毛とおさらばしようと決意し、特に気にしていたVラインとIラインと膝下の永久脱毛をしました。