脱毛サロン 自己処理 デメリット 家庭用脱毛器

MENU

家庭用脱毛器での自己処理

家庭用脱毛器にも色々な種類があるよね。
従来は、ムダ毛を巻き取る感覚で引っこ抜くタイプが主流だったけど、最近はムダ毛を焼くようにして処理できるものも。
さらに、エステのようなフラッシュ脱毛を自宅で行えるってものまで登場してきているね。
そんな家庭用脱毛器での自己処理は、メリットもあるけど、デメリットもあることを忘れないで!

 

肌に優しいタイプを選ぼう!

高価な家庭用脱毛器でも、引っこ抜くタイプは、毛抜きでの処理と同じ。
ダメージが大きくて、埋没毛などの原因になっちゃうから、できるだけ避けた方が良いね。
しかも、こういうタイプはある程度ムダ毛を伸ばさないと使用できないから、常に身だしなみに気を付けたい人には不向きかも。

 

肌に優しくケアできる家庭用脱毛器は、やっぱりフラッシュ脱毛ができるタイプ。
だけど、このタイプでも、説明書をよく読んで正しく使用しないと、肌にダメージを与えてしまうこともあるから気を付けよう!

 

家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器には、脱毛サロンには無いメリットもあるよ!
それが、「自宅で好きな時に処理できる」という点。
それから、「他人にムダ毛を披露する必要が無い」という点。

 

特にVIOラインのような、人に見せるのが恥ずかしい部位に関しては、フラッシュ脱毛ができる家庭用脱毛器の使用が人気だよね。

 

家庭用脱毛器のデメリット

フラッシュ脱毛が行える肌に優しい家庭用脱毛器でも、デメリットはあるよ!
それは、手が届きにくい部分の処理は行いにくいという点。
背中やIライン、Oラインは自己処理が難しいよね。

 

それから、よく選ばないと照射面積が狭くて処理に時間がかかることも。
あとは、本体が重くて使用するのが疲れる物なんかもあるよ。
だから、家庭用脱毛器で処理したいなら、口コミなんかをよくチェックして使いやすさにこだわって選ばないと、タンスの肥やしになっちゃう可能性大だよ!

関連ページ

カミソリによる自己処理
ムダ毛の自己処理の方法で、1番気軽なものといえばカミソリだよね。時間をかけずにできるし、痛みもないからすごく簡単!だけど、カミソリによる自己処理は困った点がたくさんあるんだよ!
毛抜きによる自己処理
カミソリに次いで人気のムダ毛処理法といえば、毛抜きによる自己処理だよね。これもお金をかけずに気軽に行えるから、初めての自己処理はカミソリか毛抜きって人が大多数。剃るよりもダメージが少なそうなイメージの毛抜き、実は意外と、肌に与える影響が大きいから、注意が必要だよ!
脱毛クリームによる自己処理
脱毛クリームや除毛クリームっていうアイテムは、ムダ毛に塗ってしばらく置けば、ムダ毛がつるつるに抜けるから面白いよね。だけどこれって、実は肌に合わないと大変な状態になることもあるから注意が必要だよ!最近は敏感肌用のものも登場してきているけれど、絶対安全とは限らないから、しっかりパッチテストをする必要があるってこと、忘れないでね!
抑毛ローションによる自己処理
ムダ毛が生えてこないように、抑毛ローションを使用するって人もいるよね。代表的なものを言えば、豆乳ローション。これは手作りもできて低コストで、便利なアイテムだよね。中にはパイナップルの成分を配合して使用している人もいるよね。だけど、抑毛ローションにはデメリットと言える面もあるよ!
脱毛ワックスでの自己処理
昔ながらの自己処理法で、脱毛ワックスっていうのもあるよね。ワックスでの処理は、専門のサロンもあるくらい人気の方法。だけど、これも気を付けないと、肌ダメージを与える可能性があるから慎重に!
脱色クリームでの自己処理
ムダ毛の色を薄くすることで、目立たなくするっていう方法もあるよね。それが、脱色クリームを使った方法。だけど、この脱色クリームでの処理は、あまりオススメできるものではないのが現実。肌への影響が大きいうえに、ムダ毛自体は無くならないからキレイに処理できないよ!