脱毛サロン 自己処理 デメリット 脱毛クリーム

MENU

脱毛クリームによる自己処理

脱毛クリームや除毛クリームっていうアイテムは、ムダ毛に塗ってしばらく置けば、ムダ毛がつるつるに抜けるから面白いよね。
だけどこれって、実は肌に合わないと大変な状態になることもあるから注意が必要だよ!
最近は敏感肌用のものも登場してきているけれど、絶対安全とは限らないから、しっかりパッチテストをする必要があるってこと、忘れないでね!

 

脱毛クリームはタンパク質を溶かす!

脱毛クリームや除毛クリームを使用して、拭き取ったり洗い流したりすると、肌がつるつるした感じになるよね。
これは「美肌効果」だと勘違いしている人も多いんだけど、実はそうとも言い切れないんだ!

 

脱毛クリームや除毛クリームでムダ毛が消える原理は、「タンパク質を溶かす」成分が入っているから。
ムダ毛の主成分はタンパク質だから、これを溶かすことで処理しているわけなんだよね。

 

だけど、よく考えれば肌だって、主成分はタンパク質。
つまり、肌の表面も同時に溶かしちゃってるんだよね。
だから、漂白剤に触れた後のような肌の状態になって、つるつるになったような錯覚を覚えるというわけ。
これは、肌に良いとは言えないよね。

 

脱毛クリームは意外と面倒!

脱毛クリームを用いたケアって、やり始めた時には面白いかもしれないけど、頻繁な処理には不向き。
それは肌への悪影響だけじゃなくて、かかる手間とコストっていう面でも言えることなんだよね。

 

脱毛クリームって1本あたりの価格がけっこう高額だから、頻繁に広範囲に使うと、かなりコストがかかっちゃう!
それに、塗布後にしばらく時間をおかないといけないし、塗った部分がどこかに触れないようにしないといけないから、置いている時間がもったいない!

 

それから、低料金で2ケ月に1回程度で根こそぎムダ毛処理できる、脱毛サロンの方が断然効率的で、お得感もあるよね。

関連ページ

カミソリによる自己処理
ムダ毛の自己処理の方法で、1番気軽なものといえばカミソリだよね。時間をかけずにできるし、痛みもないからすごく簡単!だけど、カミソリによる自己処理は困った点がたくさんあるんだよ!
毛抜きによる自己処理
カミソリに次いで人気のムダ毛処理法といえば、毛抜きによる自己処理だよね。これもお金をかけずに気軽に行えるから、初めての自己処理はカミソリか毛抜きって人が大多数。剃るよりもダメージが少なそうなイメージの毛抜き、実は意外と、肌に与える影響が大きいから、注意が必要だよ!
抑毛ローションによる自己処理
ムダ毛が生えてこないように、抑毛ローションを使用するって人もいるよね。代表的なものを言えば、豆乳ローション。これは手作りもできて低コストで、便利なアイテムだよね。中にはパイナップルの成分を配合して使用している人もいるよね。だけど、抑毛ローションにはデメリットと言える面もあるよ!
家庭用脱毛器での自己処理
家庭用脱毛器にも色々な種類があるよね。従来は、ムダ毛を巻き取る感覚で引っこ抜くタイプが主流だったけど、最近はムダ毛を焼くようにして処理できるものも。さらに、エステのようなフラッシュ脱毛を自宅で行えるってものまで登場してきているね。そんな家庭用脱毛器での自己処理は、メリットもあるけど、デメリットもあることを忘れないで!
脱毛ワックスでの自己処理
昔ながらの自己処理法で、脱毛ワックスっていうのもあるよね。ワックスでの処理は、専門のサロンもあるくらい人気の方法。だけど、これも気を付けないと、肌ダメージを与える可能性があるから慎重に!
脱色クリームでの自己処理
ムダ毛の色を薄くすることで、目立たなくするっていう方法もあるよね。それが、脱色クリームを使った方法。だけど、この脱色クリームでの処理は、あまりオススメできるものではないのが現実。肌への影響が大きいうえに、ムダ毛自体は無くならないからキレイに処理できないよ!